カテゴリ:0409兵庫・鳥取( 10 )

782~785

西が岡の棚田
a0017971_10295974.jpg
a0017971_10301676.jpg
a0017971_10303447.jpg
a0017971_10304231.jpg

by osampokit | 2004-12-22 10:31 | 0409兵庫・鳥取

781

西が岡の棚田
悩める若き後継者発見!
a0017971_10282040.jpg

by osampokit | 2004-12-20 10:28 | 0409兵庫・鳥取

779、780

西が岡の棚田
平地の田んぼでは、藁はコンバインが自動的に切り刻んで田んぼにばらまいてくれるが、このばあさんによると、ここではまだ冬場の藁仕事をやるのだそうだ。注連縄作りのために、藁をきれいに束ねておく。
a0017971_10264236.jpg
a0017971_10265071.jpg

by osampokit | 2004-12-20 10:27 | 0409兵庫・鳥取

778

西が岡の棚田
田んぼで働いていた人たちがやっていたのは、ハサ木から下ろした稲の脱穀と藁の処理。いまどき流行の全自動コンバインは、こんな山奥の田んぼには入らない。人力に頼る部分が多いのだ。
a0017971_10232992.jpg

by osampokit | 2004-12-20 10:23 | 0409兵庫・鳥取

774~777

西が岡の棚田
村岡町は見方町のすぐ隣り。ここでも棚田を探すのにずいぶん時間がかかった。祝日なので役場も閉まっているし、ドライブインで聞いても分からない。道の駅で聞いた3人目のおばちゃんが、ようやくそれらしき場所を教えてくれた。

それがとんでもないところだった。和佐分という集落の奥なのだが、その集落ですら車がやっと1台通れる程度の細い道しかなく、駐車するスペースすらない。そこの集落で棚田への道を聞いたが、軽自動車じゃないと登れないという。集落の入り口まで戻り、そこから徒歩で登った。とてつもない急坂が2キロほど。疲れ果てた。

しかし、登った甲斐は十分にあった。とても美しい棚田だ。向こうの山には高野山真言宗の名刹長楽寺(但馬大仏)が見える。刈り入れは終わっていたが、棚田では数人のお百姓さんたちが仕事をしていた。
a0017971_11132620.jpg
a0017971_11133562.jpg
a0017971_1114294.jpg
a0017971_11141011.jpg

by osampokit | 2004-12-19 11:13 | 0409兵庫・鳥取

769~773

うへ山の棚田
棚田の枚数は全部で5、60枚といったところか。ほとんど刈り入れが終わっていて、田んぼではたった一組の夫婦だけがせっせと脱穀作業をやっていた。
a0017971_23515152.jpg
a0017971_235218.jpg
a0017971_23521182.jpg
a0017971_23521974.jpg
a0017971_2352288.jpg

by osampokit | 2004-12-17 23:51 | 0409兵庫・鳥取

765~768

うへ山の棚田
鳥取県から兵庫県に引き返し、見方町のうへ山の棚田を探した。見方町の地理は至極簡単で、迷いそうなところはどこにもないのだが、棚田が見つからない。稲刈りをやっていた地元の人たちに聞いて回った。5人目のおばちゃんが、「よそから稲刈りに来る田んぼがあるよ」と教えてくれた棚田が目指すうへ山の棚田だった。

うへ山・・・そういう地名は見方町の地図にはない。地元でもそうは呼ばないようだ。でも、田んぼの上の県道には「うへ山の棚田」とあった。狭いが美しい棚田だった。
a0017971_225149.jpg

(↑この写真は携帯カメラ)

a0017971_2254011.jpg
a0017971_2255197.jpg
a0017971_2255984.jpg

by osampokit | 2004-12-17 02:26 | 0409兵庫・鳥取

761~764

横尾の棚田
a0017971_22524666.jpg
a0017971_2253486.jpg
a0017971_22531427.jpg
a0017971_22532480.jpg

by osampokit | 2004-12-14 22:52 | 0409兵庫・鳥取

760

横尾の棚田
集落の中の道。ガードレールがハサ木の代わりになっている。こういう光景も最近はとんと見かけなくなった。
a0017971_123119.jpg

by osampokit | 2004-12-13 01:22 | 0409兵庫・鳥取

757~759

横尾の棚田
能勢町で夕食を食べてみんなと別れ、国道173号を北上する。瑞穂で国道9号に折れ、まっすぐ福知山を経由して見方町に向かう。福知山通過がちょうど零時ごろ、真っ暗な山道を眠気をこらえながら夜通し運転した。

目的地は兵庫県見方町のうへ山の棚田と加美町の西が丘の棚田である。ところが、真っ暗な中を走っているうちに目的地を通り過ぎてしまい、気がついたら温泉町まで通り過ぎて鳥取県に入っていた。あとわずかで鳥取市、うっかりしたら日本海に突入するところだった。

ノートパソコンを確認したら、岩美町には横尾の棚田という百選棚田がある。道端で3時間ほど仮眠したあと、Uターンしてそこを目指した。ところが、探せども探せどもその棚田が見つからない。途中の食堂で朝めしを食べたので、そこで聞いてみたのだがそれでもダメ。諦めかけていたところで、林道のような細道を見つけ、それをたどったらあった。とんでもない山の中である。地元の人でも知らないわけだ。

棚田はすでに刈り入れが終わっていて、田んぼには人っ子一人出ていなかった。あまり大規模な棚田ではないが、圃場整備されていない棚田は稲がなくてもやはり綺麗だ。ひょうたんから駒で見つけたところだが、いい棚田にめぐり合ってラッキーだった。
a0017971_120328.jpg
a0017971_1202612.jpg
a0017971_12149.jpg

by osampokit | 2004-12-13 01:20 | 0409兵庫・鳥取