カテゴリ:0406松之山( 30 )

316

a0017971_161041.jpg
6月の松之山はこれで終わりです。このときの取材はお隣りの松代、安塚、大島あたりがメインだったので、松之山は実質1日ほどしか撮影できませんでした。次回はたぶん7月、棚田は伸びた稲の緑が綺麗だろうと思います。

ブログでは松代、安塚、高柳近辺の写真をこのあと続けます。
by osampokit | 2004-07-19 16:12 | 0406松之山

315

a0017971_16555.jpg
夕闇迫る

今回の取材2日目も暮れようとしている。夕陽が棚田を赤く染める。
by osampokit | 2004-07-19 16:07 | 0406松之山

314

a0017971_16437.jpg
川沿いの棚田

正確には松代町だと思う。松之山との境を流れる川沿いに狭い棚田がある。
by osampokit | 2004-07-19 16:06 | 0406松之山

313

a0017971_16217.jpg
小車

畦に咲くホソバオグルマ。日本全国、どこででも見られる雑草だが、ここ松之山では特に目につく。
by osampokit | 2004-07-19 16:03 | 0406松之山

312

a0017971_155644.jpg
秋を待つ

刈った稲を天日に干すためのハサ木は、全国的にもう過去のものになりつつある。機械乾燥が当たり前という時代なのだ。しかし、ここ松之山ではいまだに天日干しが主流。松之山米が美味しい理由の一つだ。

田んぼの周りに植えられている杉の木などに横木を渡して、そこに稲を干す。横木は農作業の邪魔にならないように、秋の本番まではこのようにして保管されている。
by osampokit | 2004-07-19 15:58 | 0406松之山

311

a0017971_155213.jpg
菖蒲咲く

休耕田にアヤメが植えられている。ただの草薮にしてしまわないところに、この田んぼの耕作者の土に対する愛情を感じた。
by osampokit | 2004-07-19 15:53 | 0406松之山

310

a0017971_104750.jpg
すっかり夜になった。そろそろボクも引き上げよう。この場所で今日はほぼ半日粘っていた。だんだん日が傾いていくにつれて、同じ棚田が表情を変える。その様がとても面白かった。
by osampokit | 2004-07-17 10:49 | 0406松之山

309

a0017971_104719.jpg
集落に明かりが灯る。
by osampokit | 2004-07-17 10:48 | 0406松之山

308

a0017971_104647.jpg
日が暮れた。
by osampokit | 2004-07-17 10:47 | 0406松之山

307

a0017971_10455.jpg
そろそろ日が暮れる。畦の草刈りをしていたおじさんたちもそろそろ家に帰る時間だ。刈った草は数日乾燥させてから燃やす。天然肥料になるんだね。
by osampokit | 2004-07-17 10:46 | 0406松之山